toggle
2016-05-13

マダガスカル(9)結局強いのはおばさんで、おじさんは子供とおんなじ

マダガスカル_トゥリアーラ

世界一周のスタート地点マダガスカルのアンタナナリボにいた私は、新たな目的地「トゥリアーラ」へとやってまいりました。マダガスカル島の南西部に位置するこの町は、海辺ののんびりした空気が特徴の、とくに何もないところですが、陽気でにぎやかな人々の雰囲気がとても気に入りました。


【現在地】トゥリア―レ(マダガスカル)

Tulear(Madagascar)

【天候】曇りときどき霧雨

【気温・湿度】35度・65%(昼)

【為替】100マダガスカルアリアリ=約3.4円

それではさっそくタクシーブルースでGO!

タクシーブルース乗り場は、今日も安定のカオスっぷり

マダガスカル_トゥリアーラ

マダガスカル_トゥリアーラ

タナ(アンタナナリボ)で1日だらっとした私は再び、南西の方角、トゥリアーラという町へと移動を開始。タクシーブルースターミナルには13:00集合と言われておりましたので、まあ13:30くらいには到着するようホテルを出ました。

ここからトゥリアーラまでは20時間とも24時間とも言われていますが、実際のところ、何時間かかるかは不明。いろんなことが不明だらけのまま、タクシーブルースは16:00に出発。結局こうなるのに、なぜいつもかなり余裕をもって集合させられるかも不明

過去2回ほどタクシーブルース経験があり、そろそろ「タクシーブルースをたしなむ程度の中級者」と言ってもいいくらいだと思うのですが、今回は至極まっとうな感じで、4人掛けの席にちゃんと4人座っていたし、とくになんのつらい要素もありませんでした

しいて言うなら、今回の座席は、下図のように、

マダガスカル_トゥリアーラ

推定80kgのおばさんの隣だったことが仇となり、座席の40%をもってかれたってことくらいですかね

まあでもそれも仕方のないこと。マダガスカルのおばさんは、みなさんしっかりとした骨盤とヒップをお持ちだということは、ここ数日の経験で身をもって感じ取っているのです。かつて骨盤矯正の先生に骨盤のレントゲン写真を見ながら「少年のような骨盤ですね」と評された私なんかでは、はなっから勝ち目などありません。ポテンシャルが違いすぎて、お話にならない

マダガスカルでの移動情報をまとめたページはこちらです。

トゥリアーラのタクシーブルース乗り場の元締め

タナを出発して21時間、本日13時にトゥリアーラに到着。タナのタクシーブルースターミナル同様、ここトゥリアーラもまさにカオスで、降車したとたん、なんだかよく分からないおじさんたちが集まってきます。

プスプス! (マダガスカルの人力の乗り物)プスプス!

ホテル! ホテル!

タクシー! タクシー!

口々に叫んで手を伸ばしてきますが、とりあえず私は翌日に最終目的地「ムルンベ」行きのタクシーブルースのチケットを買いたいのです。そんなに大きな町ではないので、きっとタクシーブルースのターミナルはここだけ。だから、このカオスのどこかで買えるはずなんですけど、カオスすぎて訳が分かりません

おろおろしていると、タクシーブルースの屋根から降ろされた私のバックパックを勝手にどこかに運ぼうとするおじさんが現れ、さらに「ムルンベ、ムルンベ」と連呼する私を強引にどこかに連れて行こうとするおじさんが現れ、ますます混乱状態に

そんなとき、タクシーブルースで私の座席の40%もの領域を侵し続けていたおばさんが私の手をとって「こっちよ」と安全そうな場所に引っ張って行ってくれました。そして、別のやさしそうなおばさんに私をあずけ、さらにそのおばさんが別のおばさんに私をあずけ、次々とおばさんからおばさんへと引き継がれた私は、最終的におばさんの元締め、通称「ドーラ」までたどり着いたのです

『天空の城ラピュタ』に出てくるあのドーラ一家を束ねる最強のおばさん「ドーラ」にそっくり

ドーラはたぶんタクシーブルース会社の人で、私が「ムルンベに行きたい」と言うと、まわりでやいのやいの騒いでいるおじさんたちを一蹴し、事務所に招き入れてくれました。そして、おじさんたちから私のバックパックを奪い返し、サクッと翌日朝6:00発の「ムルンベ」行きのタクシーブルースのチケットを発券してくれたのです

そのあとドーラは私に「泊まるホテルは決まっているのかい? 」的なことを聞いてきます。実は決まっていませんでしたが、とりあえず泊まりたいなーと思っていたホテルの名前を行ってみます。「Chez Alain…」。ドーラは言います。

「40秒で支度しな」

まあこれ絶対言ってないんですけど。とにかく、ドーラは私にバックパックを背負って移動する準備をさせ、プスプスのドライバーに

1,000アリアリ(約34円)でこの子をホテルまで連れてく勇気のあるやつは手ぇ挙げな

みたいなことを言いました。すると、周りにいた5人くらいのプスプスドライバーが挙手をして、我が我がと名乗りを上げます。そこでドーラは私の方を向き直り

さあこいつら全員行くってよ、あとはアンタが好きに選びな

的なジェスチャーをして私にニヤリと笑いかけました。

ドーラかっけーなおい。

そんなこんなで、タクシーブルース会社の元締め「ドーラ」に窮地を救われた私は無事希望のホテル「Chez Alain」にやってくることができました。

Chez Alain トゥリアーラ

写真にいっぱい写っているのが「プスプス」です。

ホテル「Chez Alain」が素敵すぎる

いやー、このホテル超すてきー!

Chez Alain トゥリアーラ

バンガロー風! 個室ですよ。

Chez Alain トゥリアーラ

部屋のドアにはカメレオン!

Chez Alain トゥリアーラ

南国っぽいお花もたくさん咲いていて、

Chez Alain トゥリアーラ

ヤシの木も生えていて、

Chez Alain トゥリアーラ

プールまである。

Chez Alain トゥリアーラ

これで30,000アリアリ(約1,020円)は格安だと思うんですけど。

ホテル情報の詳細はこちらです。

トゥリアーラの町をお散歩してみた結果

ホテルで一息ついた私は、町の散策に出かけます。ここも地図で見ると海沿いの町。さて、泳げるのかな?

マダガスカル_トゥリアーラ

はい残念ー!! 完全に干潟

途中でお昼ご飯。

マダガスカル_トゥリアーラ

牛肉を薄くスライスしたやつが入ったサンドイッチとコーラです。元フランスの植民地だっただけあって、フランスパンが超おいしい。サクッと軽くて、けっこう大きいサイズですけど、ペロリと食べられます。お店では、スタッフの皆さんものんびりしてらっしゃいました。

マダガスカル_トゥリアーラ

町の洋服屋さん

マダガスカル_トゥリアーラ

町の靴屋さん

マダガスカル_トゥリアーラ

この国の平均的な収入の人たちは、新品の洋服を買うことはほとんどないんだと思います。全部古着。

マダガスカル_トゥリアーラ

そんな中でも、みなさんおしゃれしたり、コーディネートを楽しんだり、自分なりの着方をしていらっしゃる。なんか、服とか靴に、何万円も何十万円もかけるのがとても奇妙なことのように思えてきます

しばらく歩くと、「トゥリアーラにやってきました」みたいな感じがすごく出てるフォトジェニックな場所を発見。

マダガスカル_トゥリアーラ

これはいい、と思って写真を撮っていると…子供乱入

マダガスカル_トゥリアーラ

あ、増えた。

マダガスカル_トゥリアーラ

あ、また増えた。

マダガスカル_トゥリアーラ

やばい、どんどん集まって来た。

マダガスカル_トゥリアーラ

えー多いよ。私こんなに子供集めちゃってどうするんだろう。周りの人もすごい見てるし。もうこれ『浦安鉄筋家族』みたいになっちゃってんですけどー。

マダガスカル_トゥリアーラ

表現の仕方がアレかもしれませんけど、

登場する小学生が全部「土井津 仁」になった『浦安鉄筋家族』みたいな状態ですよこれは。

マダガスカル_トゥリアーラ

やっぱ最終的にこうなるよね。

マダガスカル_トゥリアーラ

ここの子供めっちゃかわいい。タナでは、子供は最終的に「マネーマネー」って言ってきて終わるからちょっと複雑な気持ちにもなりましたけど、トゥリアーラでは純粋におもしろがって集まって来ただけみたいで、ここで30分くらいカメラでわぁわぁやって遊んで帰りました

ホテルの近くまで戻ってくると、コーヒー屋さんを発見。

マダガスカル_トゥリアーラ

「けっこう歩いたし一服したいなー」と思って立ち寄ると、ここのコーヒーはなんと100アリアリ(3.4円)

マダガスカル_トゥリアーラ

これで生活が成り立つのかなと心配になりつつ、休んでいると、周りにおじさんたちが集まってきます。

コーヒー屋はタバコを吸うおじさんたちの憩いの場。こういう国ではよく見かけますが、タバコを1本ずつばら売りしているので、ここに立ち寄ってタバコ吸って、みんなで集まってわあわあしてんのが楽しいんでしょうね

そんなおじさんたちの「タバコミュニケーション」の場に、突然見かけない東アジア人がやってきたもんだから、おもしろがってぜんっぜんわかんないフランス語ですごい話しかけてきます。一言いうたびにおじさんたちがゲラゲラ笑っているので、私もよく分からないけど、楽しくなってきました

帰りにカメラをむけると、

あーおじさん近付いてきたー!!

マダガスカル_トゥリアーラ

カメラうけるー。

マダガスカル_トゥリアーラ

で、最終的にはこんな感じに

マダガスカル_トゥリアーラ

ついさっき、子供たちとやった遊びと同じことをこのおじさんたちともやって、ようやくホテルに帰ってきました。

ホテルで食べた晩御飯。

マダガスカル_トゥリアーラ

クレープの上に牛肉が乗ってて、マッシュルームとクリームソースがかかってるやつ。これまた美味。マダガスカルのお食事は私の口にすごく合っているようです。これとオレンジジュースで14,000アリアリ(約476)。ちょっと奮発した感じです。

とりあえず、今日分かったことは、最強なのはおばさんで、おじさんは子供と同じってこと。この町はほんとみんな人懐っこくて、ゆったりとした時間が流れていて、とても好きになりました。

明日は早朝から移動を開始。「ムルンベ」という町までいったい何時間かかるのか分かりません。夜までに着くのかなぁ。明日の今ごろどこにいて何をしているのか。そんなことすら分からないなんて、超楽しくてドキドキします。マダガスカルってすごいところだ。

本日もさいごまでお付き合いいただきありがとうございました。

いいね! と思ったらぜひシェアを。

コメント4件

  • nave より:

    バルス!
    mayumiさんいい!ツイテル!!
    巨漢ドーラおばさんおらんやったら
    どんな修羅場になってたのか恐ろしくて
    たまりませんね!!
    良い旅されてますほんと( ;∀;)

    仁だらけの浦安www
    しかもみんなめちゃくちゃいい笑顔 😀

    もれなくおでこに☆(星)スタンプ
    ポンっと押してあげたくなる!笑

    しかし、海に面した島だろうに
    一体どこに泳げる海があるんでしょうね!!

    大移動でお疲れでしょうから
    ステキなお宿でゆっくり休まれてくださいね!

    • mayumi mayumi より:

      naveさん
      これから、ドーラの写真付き投稿をしようと思います。
      彼女はめっちゃいい人で、すごい好きになりました。
      もうすぐ、私の一番行きたかった場所に到着です。
      それまではまだわりとストイックな旅になりそうで…。
      それが終わったら、マダガスカル後半は海を満喫したいと思っております!!
      移動続きの毎日ですが、がんばりまーす!!

  • みみ より:

    マダガスカル私の夢の国です!

    ブログ見ててさらに行きたくなりました!!

    私は今年の末からオーストラリア➡︎世界一周予定です!

    準備ブログの時から見てました〜
    また遊びにきまーす♪

    • mayumi mayumi より:

      みみさん
      コメント、ありがとうございます!
      ブログ、拝見させていただきました^^ワーホリいいですねー…うらやましいです。
      私ももっと英語力つけたいなーとか思いつつ、今マダガスカルで
      絶賛フランス語に苦戦しております笑
      ボンジュール、メルシーでなんとかいけちゃうマダガスカル。
      みみさんも、ぜひマダガスカルをルートに!!

  • nave にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA