toggle
2017-04-08

コスタリカ(4)お魚大量発生! ドラケ湾&カーニョ島でダイビング! !

カーニョ島_ダイビング

世界一周的なことをやっております私は、現在コスタリカを旅しています。コスタリカは、世界有数の環境保全大国。そこかしこに国立公園・自然保護区があります。その中で、今回私は「コルコバード国立公園」へ行くことを決めました。その理由は、そう、近くにダイビングの名所「カーニョ島」があるから!

【現在地】ドラケ湾(コスタリカ)

Drake Bay(Costa Rica)

【気温】34度(昼)、20度(夜)

【天気】晴れ

【通貨】1コロン=約0.2円

ドラケ湾&カーニョ島について

ドラケ湾周辺は、地理的にはこのようになっておりまして、

コスタリカ_国立公園

本土とは陸続きなのにも関わらず、アクセスはボート。青い点線のところです。周囲をジャングルに囲まれている“陸の孤島”なんですねぇ。で、そこから20kmほど西の沖合に浮かぶ小さな島が「カーニョ島(Isla del Cano)」

養分たっぷりの海流がメキシコから流れてくるため、たくさんのお魚たちが元気いっぱい泳いでいるんですって! ときにはサメやエイなどの大物も現れる非常にエキサイティングな場所。世界のダイバーが注目するスポットとなっております。

カーニョ島自体も自然保護区に指定されておりまして、昔は上陸してトレッキングもできたそうですが、近年は、自然保護の観点から上陸してもうろうろ歩き回るのは禁止に。でも大丈夫、近くまで行ってダイビングを楽しむことはできますからご安心ください。

バスとボートを乗り継いでドラケ湾までやってきたのは昨日のこと。ここドラケ湾に3泊して、1日はダイビング、1日はコルコバード国立公園のトレッキングを楽しむつもりでおります。

というわけで、さっそく本日はダイビング!! ほら、万が一天候が崩れたりしてダイビングができなくなったら困るので、優先順位としては、何を差し置いてでも、ダイビングなのです。

宿泊している「Hakuna Matata Drake Bay Hostel」では、ツアーデスクも併設しています。そこでダイビングツアーに申し込んだのが昨日の17:30。ホテルに到着してすぐだったんですけれども、ちょっと遅かったので、もしかして翌日のダイブツアーは無理かなぁと心配しておりました。が、受付の女のコがすぐにダイブショップに電話をかけて参加のOKを取り付けてくれました。大変ありがたいことです。ダイブツアーの料金は135USドル(約15,000円)。ダイビング2本と昼食付きです。※朝食は自分で食べていきましょう。

カーニョ島ダイビングツアーに参加しよう!!

前日ツアーを手配してくれた受付の女のコに「朝7:15に、ビーチに集合だって。そこで待ってればわかるから」とだけ言われ、とりあえずビーチに向かいます。

朝の海って清々しいですねぇ! 天気は快晴! 絶好のダイビング日和です!

ドラケ湾

そうしてやってきましたビーチ。

ドラケ湾

言われるがままにビーチに来たものの、周囲には、トレッキングツアーやスノーケリングツアー、ダイビングツアーに出かける旅行者たちがたくさん。とりあえず行けばなんとかなると思ったので、そういえば詳細何も聞いてませんでしたー。

せめてダイブショップの名前くらい聞いてくればよかった…

いったい自分がどのグループに所属することになっているのかさっぱりわからず、ダイビング機材を準備しているいくつかのグループに声をかけてみるも、「mayumiって参加者はいないねぇ」とのこと。

メンバーがそろったグループは次々にビーチから出発してゆきます。

ドラケ湾

気が付くと、ビーチには誰もいなくなってしまいました。

ドラケ湾

シーンとしたビーチに立ち尽くす私。

ポツーン。

え、今日これで終わり?

でもじゃああの受付の女のコ、昨日私の目の前で誰に電話してたんだろう…

と、そのときです!!

海の向こうから1台のボートがやってきました!!

船体には「CANO DIVERS」の文字!

カーニョ島_ダイビング

あ、ダイブショップのボートだ!!

「うん、たぶんあれだな! もし違っても、無理やりあれに乗ろう」。そう決意したところで、船内から男の人が「mayumiー!!!! 」と叫んでいるのが聴こえました、

やったー!! 海から迎えに来てくださいました!! 本日私がお世話になるダイブショップは「CANO DIVING」でございます。

「遅れてごめんねー」という船長兼インストラクターのウィルソンさん。

カーニョ島_ダイビング

おぉ、なんか海の男って感じするー!!!

本日のダイバーは、私含め7人。それでは、元気にカーニョ島へと向かいましょう!!!

期待に胸膨らませる我々のもとに、イルカが遊びに来てくれました!

カーニョ島_ダイビング

ちょっと見える背びれ。その背後にあるのがカーニョ島。

ボートの上は、大変に暑いです。太陽ギラギラです。

カーニョ島_ダイビング

日焼け止めをしっかり塗るかもしくは、こういう格好をしておきましょう。

カーニョ島_ダイビング

8:40 カーニョ島到着

カーニョ島_ダイビング

上陸し、レンジャーステーションにて、メンバーの登録、入域申請などをいたします。

カーニョ島_ダイビング

飾ったあった謎のオブジェ。

カーニョ島_ダイビング

島は、レンジャーさん以外は無人ですので、自然豊か。

カーニョ島_ダイビング

ヤドカリもいます。

カーニョ島_ダイビング

9:15 カーニョ島を後にし、近くのダイブポイントまで移動

9 :30 1本目のサイト「Garden」に潜ります。

私はエジプト・紅海でダイビングのCカードを取得し、そのあと、タイのクラビでダイビングをしました。そうしてアフリカに飛びモザンビーク海峡、インド洋でのダイビング、中米に来てからはもっぱらカリブ海でございました。

そういえば、太平洋で潜るのは初めてです!

はじめましてパシフィックオーシャンンンン!!!!

あ、波が強いです。下に向かって伸びたロープを伝ってゆっくりと降りてゆきましょう。グローブあるとよいですよ。

下に降りたところで、全員が来るのを待つのですが、海の中、カレント強めー!! そして透明度はいまいちでーす。

カーニョ島_ダイビング

でもなんか、このうっすらしか先が見えない感じもまたドキドキします!

カーニョ島_ダイビング

なんか出てきそうな期待感でいっぱい!!

ただあれですね、カリブ海と同じノリで全身脱力してボーっとしていてはいけないんだということは瞬時に理解しました。はぐれたらアウトな感じするー!! ここでのダイビングは、ボートを降りた場所から周囲をぐるっとまわって、最終的にまた同じ場所に戻ってくるというスタイルです。

えー、まずは岩に擬態したお魚。

カーニョ島_ダイビング

そして、遠くにうっすらと、ほら!

カーニョ島_ダイビング

ウミガメー!!

カーニョ島_ダイビング

さっそくの大物登場でテンションあがるー!!

続いてはこちらー。

カーニョ島_ダイビング

砂の下に隠れているの、バレてますよー。エイ的ななにか。

カーニョ島_ダイビング

なかなかに強めの流れを横から受けながら、ガイドのウィルソンさんからはぐれないように泳ぎます。しばらく進むと、ウィルソンさんが先方を指さして…

カーニョ島_ダイビング

あ、お魚の群れですねぇ!!

カーニョ島_ダイビング

って、ちょっとこれ、

カーニョ島_ダイビング

数が尋常じゃない!!!

カーニョ島_ダイビング

しましまのお魚がぶぅわぁぁぁあああって!!!!!

カーニョ島_ダイビング

やばい!! なにこれ!! 超キレイじゃん!!

カーニョ島_ダイビング

しかも、人が近づいてもそんなに逃げないんですよ。

カーニョ島_ダイビング

こっからはもうずっとこのお魚の群れとともに進んでいく感じになるのですが、ダイバー一同狂喜乱舞! (たぶん)もう説明はいらないですね。写真と動画をお楽しみください。

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

こんな素敵な光景を眺めながら、泳ぎ続け、30分経過したころ、3人のダイバーさんが、「エアーが80きってますよー」のサインを出しました。そこまでエアーが減っていない私としましては、終了かぁ…とちょっと残念な気持ちになります。そうして全員で、最初に下りてきた場所付近に戻りましたところ、

ガイドのウィルソンさんが、エアーなくなりそうな人のみ、浮上するようにという合図。

そこから残った4人を引き連れて、再び海の探検開始~!!

このスタイルはよいですねぇ。可能な限り長く潜らせてあげようという配慮。ありがたいです。

後半に出てきたのは、サメ!!

カーニョ島_ダイビング

ホワイトチップリーフシャーク、別名ネムリブカ。サンゴの中に住んでいる、とても穏やかなサメです。下手に刺激しなければ、安全です。た、たぶん。

そっーっと近づいているところで、フグが出てきて超かわいい動画がこちらです。

最後は、潜ってすぐに出会ったウミガメと再会。

カーニョ島_ダイビング

こうして1本目終了。

ボートに戻り、ブリトーをいただきました。そして、50分程度の休憩ののち、2本目のポイントに移動。2本目は「El Bajo Dediabre」というところです。

11 :50 さあ2本目行ってみましょう!

また岩に擬態したお魚!

カーニョ島_ダイビング

スターミー!

カーニョ島_ダイビング

岩の間をすり抜けて、どんどん進んでいくと、ちょっと開けた場所に出ました。みなさんが集まっています。

カーニョ島_ダイビング

何かいるのかなーと思っていると、

わぁまたサメ!?!!

カーニョ島_ダイビング

しかも、ネムリブカが、1匹、2匹、3、4,5、6…あ、もう何匹いるかわかんないんですけど、たくさんいる!!!

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

サメは、何度見てもテンションが上がります。写真ですとちょっと分かりずらいんですけど、動画だと、もう少しはっきりわかるかなぁ。

バイバーイ。

カーニョ島_ダイビング

そうして、2本目のダイビングでも、現れました、お魚の群れ!!

カーニョ島_ダイビング

先ほどはシマシマでしたが、今度のは無地!!

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

すげぇぇぇー!!!

カーニョ島_ダイビング

このあたりの海域は、ほんとうに栄養豊富なのでしょう! お魚の数がやばいです。

カーニョ島_ダイビング

すごすぎて、どうしていいか分からない…。

カーニョ島_ダイビング

と、とりあえず、キレイ///

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

動画もぜひー。序盤、上のほうにサメも出ます。

ほかに見つけたのは、黒地に白いドットのおされなフグ。

カーニョ島_ダイビング

波が強くて必死wふぐ必死ww

真っ黄色のヴィヴィッドなフグ。

カーニョ島_ダイビング

白と黄色のフグ。

カーニョ島_ダイビング

ネムリブカ、もう一回!

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

透明度は高いけどお魚の数はそれほどでもないカリブ海とは対照的に、太平洋側は、透明度は高くないのにお魚がたっぷり!!!!

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

カーニョ島_ダイビング

息つく暇がないほど、大興奮!! 超絶大満足な2ダイブでございました~。

最後に、超気になった地球外生命体みたいなやつ。

カーニョ島_ダイビング

海の中にいっぱいいた。

カーニョ島_ダイビング

これなんですかー? クラゲ? もしかしてなんかの卵?

カーニョ島_ダイビング

動画もあるよ。

今日のドラケ湾でイチオシのガイドさん

で、本日のガイド・ウィルソンさんなんですけれども、彼がまたなかなかにユニークな方で。

「おれは、バディシステムは採用しない」

最初っからこの発言。おぅおぅ、その心は?

「ほぼ全員、初対面なのに、ガイドが『はい、あなたとあなたバディね』と勝手に決める。そうやって決めた赤の他人の命に、責任持てるわけねぇよなぁ」という考え方だそうで…。

「カップルやご夫婦はお互いバディになったらいいけど、あとは各自に任せます」とのこと。

えっとー、そう言われると、確かにそうなんですけども、でも…。

それから、多くのダイビングのガイドさんは、何か見つけたときなどにほかのダイバーの注目を集めるために、金属の棒を持ってタンクをたたいたり、ガチャガチャと音が鳴る道具を使われるのですが、彼は、それらの道具も嫌いだそうです。

魚にとってあの音は不快だろ、と考えていらっしゃるようで、何か見つけたときは、もっぱら彼自身ののどを鳴らして教えてくれました。意外と大きな音が聞こえるんですよねぇ。

おまけに、この日の参加者の中には、ダイビングマスターの資格を持つ人2名、インストラクターの資格を持つ人1名がいらっしゃって、ほかのみなさんベテランっぽい方々ばかり。

カレントも強く視界もかなり悪いのに、そんなことはものともせず、みなさん好き勝手泳ぎまくっていらっしゃいました。

ファンキーなガイドさんで、海況もよくないし、みんな自由だし「このダイビング、大丈夫かなぁ」と思っておりましたが、いやー、これが完全に杞憂でした。

ウィルソンさんはしっかりと7人をまとめあげ、誰一人はぐれることなく、しかもしっかり55分も潜らせてくれました。すごいガイドさんです。

あ、具体的に何がすごかったかっていうとうまく説明できないんですけれども、安心感あった。なんでか分かんないですけど、ドラケ湾「CANO DIVERS」のウィルソンさん、すげー腕のあるガイドさんだなぁと感じました。行かれた方は、ぜひー。

14:30 「CANO DIVERS」と併設しているホテルに行ってランチ

カーニョ島_ダイビング

15:30 解散。

「CANO DIVERS」の場所はこちら。

ドラケ湾の中心地から少し距離があるのですが、全員車で送ってくれました。

本日のウェットスーツは、3mmのシーガル。水温は1本目27.8度、2本目26.2度。水中では、温かい水と、20度を下回る冷水の層があって、ダイビング中に急に寒くなることもありました。私は、ウェットの下に、長袖のラッシュガードとレギンスを着用しておりました。

それでは本日の投稿はこれにて終了。最後までお付き合いくださってありがとうございました。明日は、コルコバード国立公園のトレッキングツアーに参加したいと思います。

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
いいね! と思ったらぜひシェアを。

コメント4件

  • Zen より:

    さすがっすね。ドラケに行くとは。
    期待を裏切らんね。(笑)
    それにしても、12ドルのドミトリーがあるとは驚き!
    ちなみに俺は定番なマヌエルとモンテベルしか行っておりません。
    ま、定番をなぞるというよりは資金力がないだけだったんですがね・・・(笑)
    しかし、正直言うと、バハの海で見れるものが見れているということで、コルテスグラントとスポットテイルグラントのベイトボールは見てるんですね(もちろん、カーニョの実力は数本の潜水で全貌が分かるわけじゃありませんが)
    バハカリはやっぱ凄いですね。そんな凄い海で働かせていただけるだけ感謝せねば。
    マユミさんを是非ともガイドさせていただきたいですね。
    12月までいます。お越しはマストでお願いします。(笑)

    • mayumi mayumi より:

      Zenさん
      ドラケ湾はメキシコから南下してくる栄養たっぷりの海流のおかげで海の中がすごいことになっている、って何かで読みましたけど、
      その元となっているメキシコはさぞかしすごいんでしょうねぇ。いいなーバハカリフォルニア~。
      Zenさんのガイドでぜひ潜ってみたいなぁ~

      そしてあのお魚の群れは、シマシマのやつがコルテスグラント、黒い点があるのがスポットテイルグラントっていうんですね!
      いやーあのあたりの太平洋ほんと好きでした。カリブより好きかも…

  • ペンギン より:

    呼ばれて飛び出て、ペンギンです。あ、呼ばれてない?

    地球外生命体は「サルパ」と言い、ホヤなどと同じ尾索動物の仲間です。面白いヤツなんで、サルパでググってみてくださいね。

    では素敵なダイビングライフを!!

    • mayumi mayumi より:

      ペンギンさーん!!
      ありがとうございます!
      クラゲでもなく卵でもないとは!
      「サルパ」なんて初めて聞きました!
      しかもその生態を調べたら超すごいんですねー
      炭素を排出してくれて地球環境保護に一役買っているとか!
      面白不思議生物ww

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA