toggle
2016-04-27

【出発7日前】全部持ってく系バックパッカーの世界一周持ち物まとめ

バックパッカー_世界一周_持ち物_女性

こんにちは。世界一周への出発を7日後に控えた人間が何を思っているかというと「とりあえず、部屋が片付いてよかった。あぶなかった」ということです。

今まで旅立っていったバックパッカーさんが部屋の片付けについてほとんど言及していないのは、たぶんそこ掘り下げても何も面白くないからで、みなさんそれなりに苦戦したと思います。だから、これからバックパッカーやる人はそのへん頭の片隅にでも入れといたほうがいい。

部屋の片付けに悩み、苦しみ、立ちどまってしまったとき、この言葉を思い出してください。取捨選択のキーワードは、

棺桶に一緒に入れてほしいかどうか。

世界一周中に死ぬかもしれない、とか思っているわけじゃなく、人生いつ何が起こるか分かりませんから、究極ですけどそうなったときを想定してみるのです。

その場合どうなるか。周りの人たちが私の荷物の中から、それっぽいものを適当にピックアップして棺桶の中に入れることになります。その時にさ、中途ハンパなもの入れられてもいやじゃないですか。

え、それ全然いらない…

ってなるのイヤですもんね。だから、残しておくものについては、万が一のとき、棺桶に入れてほしいものだけに絞るといいと思います。

そうするとね、面白いぐらい全部いらないめちゃめちゃはかどる。言葉の力っていうのはすごいもので、この一言を心の中でつぶやくだけで、ほとんど迷わず捨てられるんですよ

そんなこんなで、一応「処分するもの」「実家に送るもの」「世界一周に持って行くもの」の3種に分類することができました。

さっき不用品回収業者さんが来て、冷蔵庫も電子レンジもお布団も掃除機も姿見も、ぜーんぶ持って行ってくれました

出発まであと1週間あるのに…。

たぶん私何か順番を間違えていて、これから一週間謎のサバイバル生活を送る羽目になっています。要冷蔵の食べ物は買えないし、お湯はトラベルポットで沸かさなければならないし、寝るときは寝袋です。なんでこんなことになっちゃったんだろう


まあ、そんなことは置いといて、本日は、私の旅の持ち物の集大成を披露する場。これまで何回かに分けて旅の持ち物を見せびらかしてきましたが、ついにそれらをまとめてリスト化し、後に続く方々の参考にしていただこうという投稿です。

しかし、私の旅の持ち物のコンセプトは「持って行きたいものをいかに全部持って行けるか」。

いかに荷物を減らすかではなく、いかに持って行くか。要は、「わずか50リットルやそこらのバックパックに持って行きたいものの全てをどうにか入れること」が私にとってのゴールです。

荷物なんて軽量コンパクトに越したことはないだろう」。まあ分からなくもない。重いのは私だって嫌だ。しかし、世の中にはいろんな性格の人がいますから、みんながみんなそうやって荷物を小さく・軽くできるわけではありません。私に関して言うと、こんな目標は早々にあきらめざるを得ない。だって全部持って行きたいんですもん。こんなふうに、あまり賢くない人は「荷物めっちゃ重いわー」つって困ればいいのです。

ですから、この持ち物リストは「全部持ってく系バックパッカー」用。これいらなくね? みたいなものがふんだんに詰め込まれています。そのへんしっかり頭に入れてチェックしていただき、最終的に何が必要で何が不必要かはご自身で判断してください

バックパッカーの持ち物リスト

カテゴリーアイテム名詳細数量
①バッグメインバッグkarrimor/flyer 50-65L1
サブバッグkarrimor/eclipse 28L1
フィンバッグフォールディングバッグ1
街歩き用バッグzucca1
②重要書類パスポート1
国際免許証1
イエローカード1
接種済みワクチン表(英語)1
海外旅行保険証1
③お金と大切なもの重要書類のコピー適量
クレジットカード5
USドル、ユーロの現金適量
プライオリティパス1
VISA用写真適量
お財布4
御守り3
④デジタルガジェットPCPanasonic Let’s note CF-SX11
スマートフォンiPhone61
iPhone51
covia1
国際トラベラーズsimカードOneSimCard1
カメラCANON PowerShot G7 X1
Nikon COOLPIX AW1301
RICOH CX31
ゲームNintendo 3DS1
小物各種充電器・充電ケーブル各1
ポータブルHDD1
モバイルバッテリー2
電源タップ(コンセント)1
電源タップ(USB)1
電源プラグ変換アダプター(マルチ)1
電源プラグ変換アダプター(南ア用)1
テーブルタップ(延長コード)1
USBメモリ1
SDカード3
SDカードリーダー2
時計CASIO G-SHOCK1
⑤衣類・靴暑い国基本セットTシャツ8
ワンピース2
パーカー(ラッシュガード)1
寒いとき投入長袖カットソー2
長袖シャツ3
マウンテンパーカー1
ウルトラライトダウン1
スウェットパーカー1
フリーストップス1
ニットカーディガン1
ヒートテック(長袖)2
ヒートテック(レギンス)1
防寒機能タイツ1
ボトムスロング丈パンツ1
クロップド丈パンツ1
ハーフ丈パンツ1
サーフショーツ1
下着ブラ&ショーツ3
カップ付きキャミ&ショーツ3
サニタリーショーツ2
ソックス6
小物ニット帽3
ヘアバンド2
ストール1
スニーカー(VANS)1
サンダル(Teva)1
ビーチサンダル1
⑥薬・健康管理視力1Dayコンタクトレンズ5ヶ月分
メガネ2
サングラス1
歯列矯正ポリデント1式
ポリデント用ミニカップ1
歯ブラシ1
バファリン1
プレコール持続性カプセル1
第一三共胃腸薬1
アネロン ニスキャップ1
カンピオーネEXゲル1
正露丸(糖衣A)1
熱冷却シート2
メンソレータム キズ消毒液1
ガーゼ適量
粘着の包帯1
バンドエイド適量
ロート Cキューブ しみないタイプ2
ロート 抗菌目薬1
体温計1
虫対策どこでもベープ未来(150日間)1
どこでもベープNo.1未来1
おすだけベープ お部屋用1
スキンベープ ミスト1
⑦美容・衛生関連化粧品1式
日焼け止め3
リンスインシャンプー1
コンディショナー1
メイク落とし1
化粧水1
ヘアオイル1
ボディクリーム1
リップクリーム2
生理用品適量
爪切り1
タオル3
手ぬぐい3
⑧ダイビング・海ライセンスCカード1
衣類水着1
ラッシュガード長袖トップス1
ラッシュガードレギンス1
ラッシュガードパーカー1
機材ダイビングコンピューター1
マスク1
スノーケル1
フィン1
フィンブーツ1
ログブック1
小物ウォータープルーフバッグ1
バスタオル1
防水スマホケース1
⑨食事関係コーヒートラベルケトル1
コーヒーミル1
コーヒードリッパー1
コーヒー豆適量
コーヒードリップバッグ10
マグカップ1
食料殿さま醤油1
鍋の素適量
乾燥させた味噌汁1
さばスモーク1
道具スプーン1
フォーク1
ナイフ1
⑩洗濯洗濯用洗剤適量
洗濯ロープ1
フォールディングバケツ1
洗濯バサミ8
洗濯ネット1
トラベル用ハンガー5
⑪便利用品音楽イヤホン2
生活用品ライト1
双眼鏡1
十徳ナイフ1
トイレットペーパー1
アロンアルファ1
ジップロック適量
S字フック適量
ガムテープ適量
レインポンチョ1
レジャーシート1
コンパス(無印タグルール)1
温湿度計(無印タグルール)1
ゴミ袋適量
電卓1
ネックピロー1
文具旅ノート1
ボールペン・シャーペン適量
マスキングテープ適量
マッキーペン1式
おすすめバングルランゲージ1
ようかいけむり適量
iphoneのモック(防犯対策)1
期限切れパスポート(防犯対策)1

なげーな、おい。これちゃんと見る人いるんですかね? たぶんいません。どうしても見たい方は、表の上のところの「表示件数」を100とかにすると見やすくなります。多すぎてなんか気持ち悪いですね。以下、軽くご説明を。

①バッグ

メインバッグとサブバッグを購入したのは、今から3ヶ月前。だいぶ前のめりで買いましたね。そこから、荷物の出し入れを繰り返し今日にいたりますので、すでにかなり愛着がわいています。

フィンバッグは、若干カスタムして使いやすさにこだわりました。

街歩き用バッグは妹からのプレゼント。防犯対策がまるでなされていない、いわゆる普通のエコバッグです。折りたたむとすごく小さくなるのが長所です。

②重要書類

予防接種と海外旅行保険。この2つは、たぶん世界一周旅行に欠かせないもの。せっかくどちらもきちんとやったので、その証を持参しましょう。

③お金と大切なもの

旅を続けていくための最重要アイテムがお金やクレジットカード。どのようにしてこれらを守って行けばよいのかを記した投稿がこちら。

こんだけやって盗られたらそりゃもうあとは知らんがな、ってくらい悔いのないように対策をします。

④デジタルガジェット

旅の情報収集や、ブログ更新、連絡手段など様々な役割を担うデジタル関連機器。

カメラはものすごく悩みました。まるで交際相手を選ぶくらいの真剣さで。

⑤衣類・靴

これが一番苦戦しました。どうしても服が多くなってしまいます。上手くいかなくて、Google先生にあたりちらしたり、挫折しそうになりながら、精一杯がんばったこと。今ではいい思い出です。

この下着の投稿は意外とアクセス数多くて複雑な気持ちになりました。すみませんエロくなくて。

靴に関してはこちら。バックパッカーなんてスニーカーで十分。そのうえでどんなスニーカーを選ぶのかを真剣に考えてこそ、真のファッションモンスターなんじゃないかなって。

⑥薬・健康管理

ヒーラー的役割を担いたい一心で集めた薬たち。いつまでも、どんなに密閉しても消えることのない正露丸のにおいに恐れおののいています。

⑦美容・衛生関連

メイクとか、ちゃんとするよ。何かしらメリットがある場合のみ。

あと、タオルに癒しとか求めたい人はこちらをどうぞ。

⑧ダイビング・海

荷物の重さに耐えきれず何か捨ててくるとしたら、たぶんこのへんなんじゃないかなー。でも、ブログでは「捨てた」と言わず「忘れてきちゃった」って言うつもりです。

⑨食事関係

メシマズ女子用の料理対策。いろいろ書きましたけど、結局、お湯を入れれば作れる乾燥させたお味噌汁が最強だと思います。

⑩洗濯

家事は苦手ですが、道具がかわいければがんばれる気がします。

⑪便利用品

旅のノートは、これで決まり! なんといってもこのおされな感じが素敵です。

これは「言葉とかなくてもパッションで伝えられる系」の人のサポート役として活躍します。

ようかいけむりとか、別にいらないって人は持ってく必要ないと思います。

■重さについて

・バックパック(karrimor/flyer 50-65L):18kg

・サブバッグ(karrimor/eclipse 28L):7kg

・フィンバッグ:5kg

体感&ほかの方のバックパックとかの重さを見てると、

・50~55L前後のバックパックにフルで入れて15kg前後

・60~65L前後のバックパックにフルで入れて18kg前後

・70~75L前後のバックパックにフルで入れて20kg前後

くらいになるんじゃないかなーと思います。だいたいですよ。ちなみに、私のバックパックは18kgで、フィンバッグをアタッチすると18+5で23kgになります。準備の過程で、この18kgと23kgの間には目に見えない大きな壁があることを発見しました。

18kgは、地面に置いた状態で、持ち上げて背負える重さ。でもこれがフィンをアタッチして23kgになるとできなくなるんですよね。自分だけの力では、背負えません。

あーなるほどね。18kgと23kgのあいだねー。新発見。ここに「背負える」「背負えない」の分かれ道があります。それが分かったところで「だからなんだ」っていう話なんですけどね。なんだもなにも「背負えない」は想定外でした。とりあえず放置して、一週間後、背負えるようになっていることを祈ります。

以上が世界一周を目指すバックパッカーの旅の持ち物総集編でした。数か月にわたる持ち物集め、とても楽しかったです。本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
いいね! と思ったらぜひシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA