toggle
2016-03-20

旅の準備|軽量コンパクトボディが自慢の女性バックパッカーへ(旅の下着)

旅の下着

今日のテーマはバックパッカーさんにおすすめしたい下着です。私はこれでも女性の端くれなので、当然ご紹介する下着も女性用です。男の人はいいじゃないですか、ユニクロで。黒いボクサータイプのとかいっぱい売ってますから無難にそれ買っとけばいいんじゃないですかね。以上。

かわいい下着は女性の特権。男女の差別はしたくありませんが、今日は男の人、全然参考にならないと思いますよ。ただまあ「むしろ見たい」「ぜひ参考にしたい」という方はどうぞどうぞ。たぶん、あなたがたのみだらな妄想を掻き立てる、けしからん感じの下着とは遠くかけ離れた世界が広がってゆきますからね。残念でした。

長期旅行に持って行く下着に関してですが、お悩みの方もけっこういらっしゃるようで。荷物ぎゅうぎゅうするからブラジャーのワイヤーが曲がるとか、男女共同のドミだと洗濯したあと干しづらいとか。なんかいろいろあるんでしょ? それがさ、私、びっくりするほど悩まなかったんですよね。そんな悩むとこありましたっけ? え、みんな何に悩んでんの?

 

「こちとらはなっからワイヤー入りのブラなんてつけてねーんだよ」

 

という話ですね。理由はひとつ、

ワイヤー使ってまで必死で支える必要がないから。

それがさー、私、14歳くらいで成長止まっちゃってるっぽいんですよねー

くっ、これがエヴァ呪縛か…」つってね。はいはい、出たよまたエヴァンゲリオンか、と。もうおなかいっぱいですか? でもまあいいじゃないですか。今日は新劇場版ですよ。まだ詳細明らかになってないんですけど、どうやらエヴァンゲリオンのパイロットはね、エントリープラグ深度の影響を受けるとヒトじゃなくなっちゃうんじゃないかって。ちまたでは言われているわけですけど。

もうエヴァとか「は? 」っていう方はここらへん読み飛ばしてくださいね。

とにかくエヴァに汚染されてしまうと、ヒトじゃなくなるんで歳とりません。アスカもマリもシンジくんも14歳のままなんです。これがエヴァの呪縛。綾波はちょっと別です。で、私もね、これなんじゃないかなーって。「もう一声!! 」っていう心の叫びも虚しく、体が14歳のままなのって、ひょっとしてエヴァの呪縛のせいなんじゃないかなーって。

もちろん私エヴァのパイロットじゃないですけど、14歳の時初めてエヴァをテレビで観て、そっからどっぷりですからね。とっくに精神汚染濃度が危険域に突入しちゃってるんですよ

『破』の最後にリツコさんが言ってます。「やめなさい! シンジ君っ! ヒトに戻れなくなるっ! 」って。でもシンジくん、やめませんでしたから。結局大変なことになって、その次の『Q』で完全に村八分。とても気の毒でしたね。

話を下着に戻しましょう。そんなこんなでいろいろあって、普段からブラはノンワイヤー派。私にとって長期旅行とかは一切関係ないのです。いつもと同じのを持って行ってよし! もうひとつ、洗濯したあと干しづらいっていうのもね、あれはエロい下着干すからダメなんですって。

「え? 水着と大差ないんですけどなにか? 」つってしれっと干しとけるくらいのカジュアル感。そういう下着を選べば何の問題もないんじゃないですかね? だってさ、男性のボクサーパンツが干してあってもなんとも思わないけど、それがもし、ちょっと文章にしづらいようなここに堂々と書けないような官能的なパンツだったら、それはたとえ男性用であったとしてもちょっとドキドキしてしまうんじゃないですか?

ということで、本日は、エロくない! ノンワイヤー! そしてデザインがかわいい! そんな下着ブランドをご紹介します。


■une nana cool(ウンナナクール)

日本の有名下着メーカー「ワコール」から生まれたブランドだけに、その付け心地や品質には定評があります。“下着も洋服みたいに着替えたい! ”をコンセプトにしているだけあって、インナーっぽくないシンプルでやりすぎ感のないナチュラルなデザインが人気。

中には花柄やレースなどガーリーなものもありますが、まるで水着のようなカジュアルなデザインも豊富です。「FUN FUN WEEK」というラインのブラは、ノンワイヤーですが、生地と造りがしっかりしているので、かなりホールド感あります。そこそこバスト大きめの方も試す価値あり!

―――――――

■HIP SHOP(ヒップショップ)

インナーでおしゃれ、ペアで楽しむ下着屋さん”がコンセプトの、スポーティーな下着のセレクトショップ。イチオシは、アメリカ カリフォルニア発バッグブランド「MEI(エムイーアイ)」のアンダーウェアライン。

基本、スポーツブラタイプのノンワイヤーブラ×ボクサーパンツのセット。エスニック風のプリントや、ボーダー、ドットなど、だいぶ甘さを押さえたポップな柄が印象的。見えても全然恥ずかしくないデザインは、ほぼ水着。むしろそこらへんの水着よりよっぽど保守的。ここだけの話、私たまに海外で水着持ってないときMEIの下着で泳いだりしてます。ホールドしないけどフィットはする。肌を覆う面積が多いからいいかなーって思ったんですけど。たぶんこれはアウトでしょうね。

もうひとつおすすめのブランドは「Little・Hollywood(リトル ハリウッド)」。

キノコ柄とかカラフルなペイズリー柄とか、遊び心たっぷりです。パッチワーク風の個性的なデザインがかわいいですね。この2ブランドは、メンズ用のボクサータイプもあるので、カップルでお揃いもできちゃいます。

カップルやご夫婦で世界一周する方々、ぜひ、いかがですか?

―――――――

■Juana de Arco(ホォアナ・デ・アルコ)

三角ビキニタイプのブラが豊富なアルゼンチン発の下着ブランド。“ランジェリーは「隠す」ためではなく、「表す」ために与えられた女性へのギフト”がコンセプトなだけあって、ユニークなデザインが特徴的。ポジティブでキュートなインナーは、着ているだけで元気が出ます。ブランド名は、スペイン語ですけど、これ「ジャンヌダルク」のこと。あのジャンヌダルクです。自らの開放や新しい発見、喜びを導くブランドとなるよう願いが込められています。社会貢献活動として、工場からでるハギレを使い、職のない女性を集めて作り始めた下着のブランド。

ハギレだけあって、ツギハギ&バラバラ感がかわいい! セットアップで売られておらず、あえてランダムに好きなものを組み合わせて買うのがおすすめ。言っておきますが、デザインまじでめちゃめちゃかわいいですから。(ホールド力は、正直いちばん心もとないです)

ショーツは海外ブランドならではな感じでいろんな形があり、カッティングもなかなか攻めてます。速乾を求めるなら、より面積狭いのがいいんじゃないですか? 私はボクサー派ですけど。


実は私もね、さすがにいい歳だし、やっぱワイヤー入りのやつも持っといたほうがいいかなーなんて思って、買いに行ったこともあるんですよ? 伊勢丹新宿店に。

でまぁ、店員さんと相談しつつキャッキャしながら選んだりもしましたよ。いろんなブランドのいろんなデザインがありますから、時間をかけて悩みつつ、サイズなんかもBの65かな? いや70かな? とか言って。で、当然試着もするじゃないですか。

そうするとね、どうもしっくりこない。店員さんがストラップとか調節してくれるんですけど、なんかね、いまいちしっくりきてない感じがあって。そしたら店員さん「あ、ちょっと待ってくださいね」ってどっかに走って行っちゃったんですよ。

しばらくして戻ってきた店員さんの手にしっかり握られてましたよね、厚めのパット。いやいやこれBの65ですよ? ちょwwww パットってwwwww。男の人分かんないでしょうから説明しますけど、最近はAカップ出してるブランドってほぼないんですよ。だから、B65っていうのは、既存サイズの中で最も小さい。この最小サイズにパットってちゃんちゃらおかしいんですけどー。それもうブラいらなくね? つってね。とは言えそれを入れるとしっくりくるんですよ、これがまた。そこで私は言いました。言ってやりましたとも。

「でもこれ、根本的な解決になってませんよねぇ? 」って。

なかば食ってかかりましたから、店員さんも「え…」ってなって。それまでの和気あいあいとした空気、一瞬でピリッってなって気まずい感じになったんですけど。店員さん、完全によかれと思ってやってますよ。それなのにこのリアクション。当然根本的な解決策をこうじるべきはこの私であって、店員さんは1ミリも悪くありません。今考えると、ほんと申し訳ないことしたなー、大人げなかったなーって…。

でもそこで私は思ったんです。

伊勢丹新宿店の下着売り場なんて私が来るところじゃなかった。BとかCとか65とか70とかで人を分類するなんて間違ってる。私の住む世界はこっちじゃない。本来私がいるべき世界はMかLかなんだ…あっちに帰ろう」って。ミディアムかラージか、その2択しかない世界。そう、それがワイヤーから解放された私の帰るべき場所


本日紹介したノンワイヤーブラは、「ボリュームがあって支えきれない」とか「胸が下がるのがヤダ」とか「垂れてくると困る」とか「しっかり寄せて上げたい」とか「胸が大きいと肩こるんだよねー」とか、そういうわがままボディをお持ちの方むけではありません。そういう人はもう映画『バトルロワイアル』でいうと、マシンガンとかショットガンを与えられたようなものですから、それで存分に戦ってください。

そうではなく、鍋の蓋とかハリセンとか、殺傷能力のかけらもない武器にあたってしまった人。しかしそれでもなお生きのびてやろうという強靭なサバイバル精神をお持ちの方。つまり、私のように無駄をそぎ落とした洗練ボディ=謙虚な上半身をお持ちの方に、ぜひおすすめしたい。

最終的に私はどれを持って行くかというと、「MEI」のセットアップ数組と「GU」のカップ付きキャミソール&タンクトップ(ブラフィール)にします。カップ付きキャミやタンクは、ノンワイヤーブラよりもっと干しやすいですね。エロ指数ゼロですから、堂々と干せます。で、ユニクロ、GU、無印良品、シマムラなどいろんなところから発売されていますので、お好きなものを選べばいいんじゃないですかね。なぜ私はGUなのかというと、こないだ実家に帰ったとき母に買ってもらいましたので(甘ったれですみません)。冒頭で、男性はユニクロでいいじゃんって雑な言い方しましたが、結局私もGUでよかったです

GUのブラフィールは990円でした。この値段で「吸水速乾、抗菌防臭、動きやすいストレッチ素材、形状記憶、部屋干しをしても臭いにくい部屋干し機能」が搭載されてますから、ホールド力なんて皆無ですけど何の問題もありません。たぶん、世界一周中は、GUのブラトップがメインで、ヘビロテになるんじゃないかと予想しています。


本日、私は書く必要のない情報までふんだんに盛り込んだ、自虐行為も甚だしい投稿をしたように思います。なぜ私がこんなふうに身を切るような真似をしなければならなかったのか。それは、世界を旅する私と同じような想いの女性バックパッカーに伝えたいことがあったからにほかなりません。

多くのバックパッカーさんたちは、口を揃えてこう言います。「荷物は小さいほうがいい、できるだけ身軽なほうがいい」。軽量・コンパクトこそ最強。本日、私がどうしても伝えたかったこと。それは、

胸も同じやでー。

今日もまた、最後までお付き合いくださってありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
いいね! と思ったらぜひシェアを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA